不動産業、物品賃貸業の事業承継・M&A売却案件一覧

不動産業、物品賃貸業のM&Aは、2018年に208件となりました。年々増加傾向にあり、その理由は経営者の高齢化による、後継者問題があります。また、人材不足の問題もあり、大手の傘下に入ることにより、マーケティング、営業活動の合理化を進めています。ビズリーチ・サクシードでは、法人審査を通過した良質なの案件を掲載し、M&Aマッチングサービスを提供しています。