全国の事業引継ぎ支援センターとの連携・案件掲載を開始しました

サービス

 事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は10月15日(木)より、経済産業省中小企業庁(以下、中小企業庁)が掲げる「第三者承継支援総合パッケージ」の取り組みの一環として、中小企業庁が管轄する日本全国の「事業引継ぎ支援センター」との連携を開始いたしました。

 これに伴いまして、「ビズリーチ・サクシード」をご利用の買い手企業様向けに「事業引継ぎ支援センター」掲載案件を本日より公開いたします。

事業引継ぎ支援センターとは

 事業引継ぎ支援センターとは、後継者不在で事業の引継ぎを検討する中小企業・小規模事業者と、経営資源を引き継ぐ意欲のある中小企業・小規模事業者に対して、47都道府県に設置された各センターの専門家が事業引継ぎに係る課題解決に向けた助言、情報提供及びマッチング支援を行う機関です。

事業引継ぎ支援センターが行う譲渡に関するサポート

  1. 無料で相談に対応

事業引継ぎにまつわる、あらゆる相談を受け付けています。
民間機関を活用してM&Aを実行する際のセカンドオピニオンとしても活用いただけます。

  1. アドバイス&サポート

相談に対応するのは、中小企業診断士や金融機関OBなどのプロフェッショナルの方々です。
事業引継ぎや経営に対する経験を基に、最適な事業引継ぎへ導きます。

  1. 譲り受け候補企業のご紹介

「事業引継ぎ支援センター」に寄せられる譲り受けニーズの中から、マッチングを行い引継ぎ候補先をご紹介します。民間のM&A支援会社では取組みにくいケースでも、弁護士、税理士等の専門家と連携して成約に向けた継続支援を行ないます。また、全国47都道府県の支援センターとの情報共有も図っており、遠隔地間のマッチングにも対応可能です。

事業引継ぎ支援センターに関する詳細は「事業引継ぎポータルサイト」をご参照ください
事業引継ぎポータルサイト


「事業引継ぎ支援センター」掲載案件の交渉手順

「事業引継ぎ支援センター」掲載案件に興味をもたれた場合は、その他の案件と同様に交渉リクエストを送信してください。事業引継ぎ支援センターは、アドバイザー業務は執り行っていないため、交渉の進め方がその他の案件とは異なります。

 交渉リクエスト送信後、該当案件の事業引継ぎ支援センター担当者より返信が届きますので、返信に記載された担当者の連絡先宛てにご連絡の上、担当者からのご案内に沿って交渉をお進めください。事業引継ぎ支援センターからの返信内容は、該当案件の詳細ページでご確認いただける他、メールでもお知らせいたします。
※担当者から電話で連絡が来ることもありますので、予めご了承ください