「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」を開始~後継者不在に悩む全国の経営者の選択肢を拡大~

プレスリリース

Visionalグループのビジョナル・インキュベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:村田 聡)が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」(https://br-succeed.jp/)は、「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」の提供を2021年10月21日に開始します。この新サービスでは、第三者承継を検討する譲渡企業に代わって、ビズリーチ・サクシード運営事務局スタッフが、「ビズリーチ・サクシード」を利用する累計8,000社以上の譲り受け企業から候補企業探し・候補企業との引き合わせを3カ月間支援します。サービス提供の対象は、「ビズリーチ・サクシード」のシステムを活用して自身で相手を探すことが困難な譲渡企業です。これにより、譲渡企業は迅速に第三者承継の検討を進めることができます。本サービスにより、「ビズリーチ・サクシード」は、後継者不足問題の解決に向けて、後継者不在に悩む経営者の選択肢を広げます。

これまで「ビズリーチ・サクシード」の譲渡案件情報は、譲渡企業による直接掲載か、「ビズリーチ・サクシード」を利用するM&Aアドバイザーを介して掲載されており、2021年10月1日時点で公開中の譲渡案件情報は3,900件以上(累計9,900件以上)で、事業承継M&Aプラットフォームにおいて日本最大級の譲渡案件数となっています。しかし、これまで譲渡企業が直接案件情報を掲載し、自身で「ビズリーチ・サクシード」利用する際、一部の譲渡企業から「パソコンの活用が難しい」「日々の事業運営が忙しいため、M&Aの相手探しを自分で行う時間がない」「どのようにM&Aを進めていけばよいかわからない」「一人でM&Aの検討を進めていくことが不安」などの声がありました。そこで、この課題を解決すべく、ビズリーチ・サクシード運営事務局スタッフが譲渡企業のシステム利用を代行し、候補企業探しと引き合わせを行う「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」の提供を開始します。

【「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」の概要】

第三者承継を検討する譲渡企業に代わり、「ビズリーチ・サクシード」の運営事務局スタッフが、譲渡企業の案件情報の掲載、「ビズリーチ・サクシード」を利用する累計8,000社以上の譲り受け企業からの候補企業探し、候補企業との引き合わせや、独占交渉の開始までを3カ月間代行し、サポートします。なお、本日から6カ月間、期間限定で譲渡企業に無料で本サービスを提供します。そのため、この期間中は成約しても譲渡企業に費用は発生しません。

※本サービスの利用には、譲渡企業の財務内容等に関して当社独自の審査基準があります。
※秘密保持契約は当事者間で締結していただきます(「ビズリーチ・サクシード」はあくまでもシステム利用の代行者であるため、契約の当事者にはなりません)。
※初回面談や交渉が進捗した際のトップ面談へのビズリーチ・サクシード運営事務局スタッフの同席は、原則オンラインのみです。
※具体的な交渉に進む際に、譲渡企業からの希望があった場合は、専門家を紹介します。

■「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」β版を活用した譲渡企業が約1カ月で成約

「ビズリーチ・サクシード」は、2021年6月より「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」β版を開始し、現在複数の金融機関などと連携しながら、テスト運用をしてきました。そのなかで、山陰海岸国立公園内に立地する旅館「臨海荘」を運営する株式会社今子浦臨海センター(所在地:兵庫県/以下、臨海荘)が、「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」β版を活用したところ、約1カ月で譲渡先が決定しました。「ビズリーチ・サクシード」と連携している日本政策金融公庫が臨海荘を「ビズリーチ・サクシード」に紹介し、ビズリーチ・サクシード運営事務局スタッフが臨海荘に代わって譲り受け候補企業を探し、オンライントップ面談までサポートしたところ、案件情報掲載日(2021年8月17日)から9日間で基本合意書が締結され、9月28日に株式譲渡契約が締結されました(なお、臨海荘は、「ビズリーチ・サクシード 後継者公募」も活用)。このように短期間で成約に至ったのは、臨海荘が「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」を活用することで、精度の高いマッチング、迅速な交渉対応が実現したためです。テスト運用を経て、「ビズリーチ・サクシード」は、このたび、「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」を正式リリースします。

臨海荘の成功事例についての詳細はこちら:https://br-succeed.jp/content/agreement/post-6690

「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」は、「ビズリーチ・サクシード」に自ら登録する譲渡企業のほかに、上記の事例のように、「ビズリーチ・サクシード」の提携先から紹介された譲渡企業に対してもサービスを提供します。

■提携先が「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」を活用するメリット

・提携先が「ビズリーチ・サクシード」に譲渡企業を紹介し、譲渡企業が本サービスを利用すると、紹介や成約に応じて、提携先は紹介料を受け取れます。

・ビズリーチ・サクシード運営事務局スタッフによるサポートがあるため、提携先はお客様への紹介ハードルが低く、事業承継ニーズの喚起に寄与できます。

・ビズリーチ・サクシード運営事務局スタッフはM&Aアドバイザーではないため、提携先のお客様が希望する場合は、事務局スタッフがマッチングしてから紹介元の提携先(金融機関など)がM&Aアドバイザーとして付くことも可能です。 

ビジョナル・インキュベーション株式会社 ビズリーチ・サクシード事業部 事業部長 前田 洋平 コメントMaedaYohei

これまで「ビズリーチ・サクシード」の譲渡案件情報は、譲渡企業による直接掲載か、「ビズリーチ・サクシード」を利用するM&Aアドバイザーを介して掲載され、事業承継M&Aプラットフォームにおいて日本最大級の譲渡案件数(公開中の案件3,900件以上)となっています。また、登録する譲り受け企業数は累計8,000社を超えます。弊社独自の審査を通過した法人様のみが利用できる会員制のため、安心してご利用いただけます。

譲渡企業は、M&Aアドバイザーを介してご利用いただく場合は、M&Aアドバイザーの手厚いサポートがあります。また、パソコンの利用に慣れていらっしゃる譲渡オーナー様の場合は、ご自身で案件情報を掲載し、「ビズリーチ・サクシード」を利用し、成約された事例が多数あり、全国の企業同士で事業の承継が進んでいます。しかし、ご自身で利用されるご年配の経営者様などのなかには、「パソコンの活用が難しい」「一人でM&Aの検討を進めていくことが不安」などの声もありました。そこで、この課題を解決し、後継者不在に悩む経営者の方々の選択肢を広げられるよう、「ビズリーチ・サクシード コンシェルジュサービス」を提供いたします。

事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」について

「ビズリーチ・サクシード」は、譲渡企業と譲り受け企業をオンライン上でつなぐ事業承継M&Aプラットフォームです。譲渡企業は、「ビズリーチ・サクシード」に、会社や事業の概要を匿名で登録でき、譲り受け企業は、その情報を検索して閲覧できます。これにより、譲渡企業は経営の選択肢の一つとして事業承継M&Aを早期から検討できるため、経営者の選択肢が広がります。譲渡企業は、登録から案件成約時まで、本プラットフォームの利用料は完全無料です。そのため、コストを気にせず、企業や事業の譲渡を安心して検討できます。また、譲渡企業から相談を受けたM&A仲介会社や金融機関等も、同様に本プラットフォームを無料で利用できます。

譲り受け企業は興味をもった譲渡企業へ直接アプローチできるため、譲渡企業にとっては、潜在的な資本提携先の存在や、自社の市場価値を把握するきっかけになります。2017年11月下旬にサービスを開始し、全国の譲渡案件が累計9,900件以上(公開中3,900件以上)登録され、累計譲り受け企業は8,000社以上です(2021年10月1日時点)。事業承継M&Aプラットフォームにおいて日本最大級の譲渡案件数となっています。URL:https://br-succeed.jp/

ビジョナル・インキュベーション株式会社について

「新しい可能性を、次々と。」をミッションとするVisionalグループの新規事業開発を担う。事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」、脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」、クラウド活用と生産性向上の専門サイト「BizHint(ビズヒント)」を運営。2020年2月、グループ経営体制への移行にともない、株式会社ビズリーチの新規事業開発組織を分社化し新設。URL:https://visional.inc/visional-incubation/

■Visionalについて

「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、事業承継M&A、物流Tech、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。URL:https://visional.inc

 

 

 

 

本件に関するお問い合わせはこちらから
お問い合わせする