修理・メンテナンス技術を持つ企業を募集 修理・メンテナンス技術を持つ企業を募集

    • 2020年7月21日 (火) 〜 2020年10月20日 (火)

2011年にブランド品、貴金属、宝石などの買取事業と自社運営オークションでの販売事業を展開する企業として設立された株式会社SOU。国内事業の強化と海外展開などを通じて企業成長を実現させ、2020年3月にグループ体制を持株会社制へと一新。社名をバリュエンスホールディングス株式会社に変更しました。今回は、さらなる国内事業の拡大と、2025年までにグローバルリユースプラットフォーマーになることを目指して、時計やバッグなど買取った商品に付加価値をつける「修理・メンテナンス技術に特化した企業」を公募します。

バリュエンスホールディングス株式会社
バリュエンスホールディングス株式会社

2011年の設立以降、ブランド品、骨董・美術品の買取・販売をメインに、ブランド買取専門店やBtoB自社オークションの運営に加え、EC事業やアプリへも事業を展開。2018年には東証マザーズへの株式上場を果たした。現在は海外への事業展開を進めるとともに国内では不動産事業を開始し、更なる業容拡大と成長を目指す。

承継公募企業の思い

バリュエンスホールディングス株式会社 代表取締役社長 嵜本晋輔(さきもと しんすけ)
嵜本晋輔(さきもと しんすけ)
代表取締役社長

1982年、大阪生まれ。2001年、Jリーグのガンバ大阪に入団。引退後は、父親が営むリサイクルショップで経営のノウハウを学び、2007年ブランド買取専門店「なんぼや」を関西にてオープン。 2011年にSOU(現バリュエンスホールディングス)を設立し同社代表取締役に就任。2018年に東証マザーズへの新規上場を果たす。

ブランド品から骨董・美術品まで、一般のお客様から買取り、同業他社に販売

私たちは、個人のお客様からブランド品、貴金属、宝石、さらに骨董・美術品など不要になったラグジュアリー品を買取り、それを修理・メンテナンスして同業他社に自社オークションで販売するビジネスを展開している会社です。国内ではブランド品、骨董・美術品のオークションを、香港ではダイヤモンド、ジュエリーのオークションを運営しています。登録業者は増え続け、現在は世界各国のバイヤーから注目されています。

国内のリユース業界は、ネットオークションやフリマアプリの興隆により、ここ5〜10年で随分身近な存在となりました。しかし、それでも個人資産として眠っているブランド品や貴金属の資産総額は数十兆円と言われています。実際に私たちが買取専門店を出店すればするほど、買取る商品数は右肩上がりで推移しており、その仕入れ力は日本トップクラスに成長しました。

仕入れ力が高い理由は、買取事業と販売事業を完全に分けた、とてもユニークなビジネスモデルを確立させたからです。一般的に、ブランド品や貴金属の買取・販売は、同一店舗内で個人のお客様向けにサービス提供している事業者がほとんどですが、私たちは店舗では個人のお客様からの買取りのみを行い、その後、商品を修理・メンテナンスして付加価値をつけ、同業者である企業にオークションで販売しています。

商品を修理・メンテナンスすることで高価格での販売が実現するため、その分、個人のお客様にも納得のいく買取価格を提示できる。個人のお客様と企業、双方のニーズに応えていることが、仕入れ力の高さにつながっているのです。

イメージ1

時計やバッグの修理・メンテナンス技術を持つ企業と出会いたい

今回の公募でご応募いただきたいのは、時計やバッグの修理・メンテナンス技術を持ち、複数店舗を経営されている企業です。現在は、全国に70店舗以上ある買取専門店で買取った商品は、社内に在籍している修理技師と、外部のパートナー企業が修理・メンテナンスを行っているのですが、買取量が増加していることに加え、今後の本格的なグローバル進出を考えると、修理・メンテナンスの技術力・技術者が足りていません。

特に、日本のリユース品はすでに世界から高い評価を得ているため、商品数が増えてもメンテナンスに不備なく、迅速に対応していくことが今後の課題であると考えています。だからこそ、私たちに足りていない技術力を持つ企業と一緒になることでシナジーを生み、より質の高い商品を世界に販売したいと思っています。

私たちと組むことで、希少性の高い商品に携われることはもちろん、時計だけでも月に4000〜5000点、全商品だと月に数万点を超える圧倒的な商品数に関われます。毎月安定した商品数を手がけながら、たくさんの職人とクオリティを高めていくという、新しい面白さも得られるはずです。

時計の修理・メンテナンス企業は、技術があっても後継者がいない、新興企業にシェアを奪われて認知を取れない、若い技術者がなかなか見つからない・育たないなど、さまざまな課題を抱えていると思います。

M&Aといっても、たとえば最初は業務提携から始めて、お互いに信頼関係を築いた上でグループ会社化や吸収合併を考えることも可能です。お互いにとってwin-winな組み方を考え、ベテランの技術者が次世代に技術を伝承する仕組みも作っていきたいと考えていますので、まずはお気軽にご相談いただけると嬉しいです。

イメージ2

お互いの得意を尊重し、自分らしく生きられる社会を目指して

2020年3月1日にグループ体制を持株会社制へと変え、社名をバリュエンスホールディングス株式会社に変更した当社は、ミッション・ビジョンも新しく制定しました。ミッションに「らしく、生きる。」を、ビジョンに「Valuable Experience 人生を変える価値を」を掲げています。

この新しいミッション・ビジョンに込めたのは、「一人ひとりが自分らしく生きることで、幸せや豊かさを生んでほしい」という思い。たとえば、いくら優秀な11人のフォワード選手を集めてサッカーチームを構成しても勝てないように、組織もそれぞれに違う役割を持つ人が集まって、強みを生かさないと成果につながりません。

しかし、今の世の中を見渡すと、本来の能力を自分らしく発揮できていない人が多いように感じています。どこか人の目を気にしたり、立場を考えたり、不安や恐れがあったりして、平均点を求めるようになっている。

本来組織とは、一人ひとりの個性を尊重し、それぞれが得意なことにフォーカスしながらお互いに不得意を補完し合う場所、つまり自分らしく生きて、幸せや豊かさを生む場所です。当社はそういった人の集合体となり、私たちが提供するサービスを受けた人が、また自分らしく豊かに生きていける社会を作りたいと考え、ミッション・ビジョンを掲げました。

今世の中は、新品を買うことがステータスの時代から、より自分の生き方や考え方に合う商品や、地球環境を考えたリユース品を選ぶ時代に変わりつつあります。こうした世の中の潮流と私たちが掲げるミッション・ビジョンに共感される方は、ぜひ一緒に世界に貢献するグローバル企業をつくりませんか。さまざまな理由から事業の整理を考えている方、より事業成長させたいと考えている方からのご連絡をお待ちしています。

募集領域

  • 募集領域 イメージ画像1

    修理・メンテナンス技術を持つ企業を募集

    • 関東
    • サービス業(時計、バッグ修理)

    当社は2011年にブランド品、貴金属、宝石などの買取・販売事業を展開する企業として設立され、2020年3月にグループ持株会社制へと移行。さらなる国内事業の拡大とグローバルリユースプラットフォーマーになることを目指し、時計やバッグなど買取った商品に付加価値をつける「修理・メンテナンス技術に特化した企業」を公募します。

公募の流れ

  • 公募の流れ1
    企業情報や
    特徴を登録
  • 公募の流れ2
    登録内容をビズリーチ・
    サクシード運営事務局が確認
  • 公募の流れ3
    バリュエンスホールディングス
    への連絡が可能になります

・匿名のまま登録や応募、メッセージのやりとりが完全無料でできます。
・希望しない限り社名が公開されることはないので、安心してご利用いただけます。
・興味をもった他の譲り受け候補企業からもメッセージが届くことで、事業承継の選択肢が広がります。

登録をして事業承継の選択肢と可能性を広げましょう